僕がBeatlesでも最新曲でもなく、TRICERATOPSや堂島孝平さんを応援する理由

こんばんは山口県から細々とトライセラや堂島くん、フラワーカンパニーズのライブ観戦記も発信している、しなやんこと(@shinayan)です。毎日でもブログを書きたいけれど、限られた時間の中で精一杯のことを書いていこうと思います。

ワタクシApple Musicもずっと契約していますし音楽通を気取っていますが、正直レコメンドされる楽曲にあまり心が動かされません。それはSpotifyでも同じことです。惚れた腫れた時代を過ごしていた10年20年前に聴いていた曲にしかあまり心が動かされない。それはなぜか?

自分なりに考えてみた理由

おっさんだからでしょ?と言われればそれまでなんですけど、そんなことを考えてみました。結論から言うと、同時代を生きる、同世代のミュージシャンだからです。あ、ちなみに僕はミュージシャンでもなんでもない、ただの音楽通気取りのおじさんです♪

僕にとってのトライセラや堂島くん、フラカンはアハ体験や、ぱっかーんをくれて辛い時も楽しい時もそばに寄り添ってくれたそんな存在だからかもしれません。

The Beatlesだけじゃなく最近のレコメンドされるJ-POPもなんだか退屈なんです。心が動かされないんです。自分が観た映画とかテレビのサントラはOKなのですが。

というわけで勝手に応援させていただきます。

出会い編

堂島孝平さんの場合

 「冬が飛び散った」と「スプリングスプリンガー」です。当時全く堂島くんのことを知らなかったのに心臓を鷲掴みにされました。YouTubeで紹介できないのが残念。

かわりに6AM。

TRICERATOPSの場合

「Fever」です。当時カラオケでもよく歌いましたよ。友人は全然知らなかったようなので迷惑だったのだろうけど。最近でこそ再評価されて認知されてるらしいですど、ね。

フラワーカンパニーズの場合

「ああ今日も空振り」です。メーター振り切れている、ハッチャケぶりも当時も大好きでしたね〜。こちらも「深夜高速」とかで最近ブレイクしましたね。ライブバンドとしても定評のある彼らですけど、ボーカルのけいすけさんの詞もぐっときます。詩集とか発表されてましたね。

その後グッときた曲

堂島孝平さんの場合

「きみのため」です。これも検索したけどPVありませんでした。かわりに僕も東京まで行って観てきた、「堂島孝平活動20周年記念公演 オールスター大感謝祭!」のPV。

 

 

 

名だたるミュージシャンが参加して堂島くんラブを祝った一夜。堂島くんはまさにミュージシャンズミュージシャンだと思います。

 

 

TRICERATOPSの場合

「スターライト スターライト」です。この曲が収録されている最新アルバム「SONGS FOR THE STARLIGHT」はミスチル桜井さんとのオリジナルデュエット曲も入って超名盤だと思う。

フラワーカンパニーズの場合

「感情七号線」です。この曲を聴いた時、ああこんなにカッコイイボーカルになったんだなって思いました。佇まいとかパフォーマンスは当時から大好きだったのですよ。

来月フラワーカンパニーズさんは山口県に来てくれるのです。おらが町の隣町に来てくださるのです。というわけでもうチケットは取ってあります。彼らのライブは久しぶりに観にいくのですが楽しみでなりません。

さいごに

 

限られた時間の中で自分の好きなこと、応援していることを書きたいと思ったらこういう記事になりました。トライセラや堂島くん、フラカンの最新曲だったらサイコーだね。

Webやプログラミングの腕を磨けとか間近に迫ったイベントのことをもっと考えたら?とか言われそうですがキーを叩いていて酒も飲まずに火照ってきました。大満足です。

訪問してくださったあなた、ありがとうございます。

ではまた会えることを願って

 

 

 

広告
広告
広告

シェアしてくださると喜びます♪

フォローする

広告
広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。