【再確認】MacBookは通勤通学が楽しくなるノートパソコンだ

シェアする

今日は今毎日のように使っているノートパソコン、MacBookの紹介をしようと思います。はい、iPhoneを作っている、Apple社が開発して販売しているパソコンの一つです。こいつはあなたのライフスタイルを変えてしまうやつかもしれませんぜ。なぜ今?と思った方は是非最後までお読みください。
 
 

軽さは正義

 
 
 
 
Photo credit: gemsling via VisualHunt.com / CC BY 
 
 
購入して半年くらい使っています。それまでのメインマシンはMacBook Pro13インチの retinaディスプレイモデルでした。こちらのマシンもまだまだ現役で使えたのですが、ついMacBookの魔力に魅了されてしまいました。何と言っても920gです。MacBook Proは1.5kgくらいだったのですが体感は全く違います。軽いです。
 
 
 

マシンパワーも必要十分

 
私はパソコンではそんなにパワーのいる作業はいたしません。ネットを見る、ブログを書く、プログラミンの勉強、iTunesで音楽を聴く、マック版パワーポイントアプリのKeynoteを使うくらいでしょうか。私のMacBookは一世代前のモデルですがそんなに挙動も気になりませんよ。
 
 
ましてやパワーアップした現行機種(2016年モデル)なら余裕でしょう。ただし、Adobeソフトなんかを使って、ガシガシ作品を作るというような方にはパワー不足かもしれません。その場合はMacBook Proを検討されえてはいかがでしょうか
 
 

ちょうどよい大きさ

 
 
 
 
 
 
 
MacBookは12インチですが、retinaディスプレイですのでキレイです。写真のように市販のノートカバーと同じくらいの大きさなのでカバンに入れるのにも、ジャストフィットです。
 
 
 
どうしても大きな作業画面が欲しいという方は、外部の大きなディスプレイに繋げればよいかと思います。

 

バッテリーも長持ち

 
1日10時間持続するバッテリーと公式サイトにも書いてあります。満充電しておけば、何かのイベントに参加しても途中でコンセントコンセント〜なんてこともありません。最近のネット情報によると、ニンテンドースイッチとUSB-Cケーブルで電力のやり取りができるとか!うーん素晴らしいですね。
 
 

キャンペーンもあるよ

 
Apple製品購入には学生・教職員向けのキャンペーンがあります。2017年「新学期を始めよう」キャンペーンによれば、学生と教職員、さらにPTAの役員として活動される方にもキャンペーンが適用されるそうです。これは是非、appleの公式サイトから購入するしかないですね。フツーの人なら、整備済み商品を狙うという選択肢もあります。
 
 
 

MacBookの欠点は?

 
 
 
 
 
 
 
先に挙げた、動画制作や画像編集などパワーユースには向かないということと
軽くて薄いため、衝撃には弱いと思われます。衝撃対策にカバーなどを使いましょう。
基本的なことですが、MacはMicrosoftワードやエクセルは使えません。「Office For Mac」を使うか、代替ソフトを使うか、仮想化ソフトを使うとかが必要です。
 

さいごに

 
いかがでしたでしょうか?今日のアイラブMacBookの記事は?実は私は記事でおすすめしたような合理的な購入をしたわけではありません。新型MacBook Proがそろそろ発表されるという時期(今年の頭)に、整備済製品のコーナーでちょうど見かけたMacBook(しかも型落ち)を購入してしまったのですから。
 
 
しかも、新型MacBook Pro発表に合わせてMacBookの最新機種も2万円くらい値下げされたのですから。目の前が真っ暗になりましたよ。ホント。地獄を見たからこそ敢えて言えます。MacBook買うとしたら今のキャンペーンを利用した現在がベストだと。時期MacBookが発売されるまでだと今がベストだと考えます。
 
 
今日も最後までお付き合いくださりありがとうございます。
インフルエンザも治ったことだし、ブログしなやん
ではでは
広告
広告
広告

シェアする

フォローする

follow us in feedly
広告
広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。