Macの文書作成ソフト「Pages」でPDFを作る方法

こんにちは最近退職し、現在、履歴書や職務経歴書を普段使っているMacで作っている、しなやんこと(@shinayan)です。今日はMacの文書作成ソフト「Pages」でPDFを作る方法と題して書いてゆきます。

なぜPDFにする必要があるのか

officeソフトがインストールされているWindowsのパソコンを使っていれば、そのままword形式でメール送信や転職サイトなどにアップロード可能です。しかし、最近はPDF形式での提出も可能なことが多いです。

officeソフトはなかなか高額ですし、私のようにMacユーザーの方もいるからなのでしょうか?私も以前は「office for Mac」とか「office 365」を使っていたこともあります。

でもPDFでの提出が可能ならわざわざそのためだけに高額ソフトを購入する必要はありませんよね。

Pagesとは

Macに購入時から入っている文書作成ソフトです。officeソフトでいうと「Word」です。しかし、両者はファイル形式が違うので「Pages」で作ったファイルをWordソフトで開こうとすると正しく表示されなかったりすることがあるようです。

また、officeソフトの「Excel」に対応するものが「Numbers」で、「Powerpoint」に対応するソフトが「Keynote」になります。いずれもApple製の無料アプリです。

PDFにする方法

まず「Pages」で作った文章を開きます。

画面上のメニューバー「ファイル」から一番下の「プリント」を選択

出てきた画面の下の「PDF」をクリックし、あとは保存するなり、メールで送信するなりです。


たったこれだけです。かんたんでしょ?

表計算ソフト「Numbers」でも同様

同様に「Numbers」で作ったファイルを開き

「ファイル」から「プリント」、「PDF」です。

かんたんでしょ?

さいごに

いかがでしたでしょうか?今回のブログしなやんz。そんな基本的なこと誰だって知ってるよとか言われそうです。昔作った職務経歴書を編集していたら、これでブログ記事かけるかな?と思い書いてみました。

オープンソースの無料ソフトで「LibreOffice」というものもあります。どうしてもという方はそちらもどうぞ。

今日も最後までお付き合い下さりありがとうございました。
充実した一日にしましょうね。

追記

「ファイル」から「書き出す」でPDFでもword形式でも書き出せますね。さらにかんたんでした。

保存保存

保存保存

保存保存

広告
広告
広告

シェアしてくださると喜びます♪

フォローする

広告
広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。