じぶんち半径20km以内のやまぐちの魅力を考えてみた

シェアする

今回のブログしなやんzは「やまぐちの魅力 Advent Calendar 2016」の1記事として書いています。
 
 
 「やまぐちのここがいいよね」を私の活動圏内の半径20kmの中から必死で考えてみました。
 
 
さて私しなやん(@shinayan)は生まれも育ちも山口県の防府市です。大学時代の4年間を京都市の北区、上賀茂神社の近くの学生街の下宿で過ごしました。現在43歳ですので人生の90%は山口県の防府市で過ごしていることになります。
 
 
防府市を含む山口市、周南市、宇部市あたりが私の活動範囲で県央地域とも言われるこの辺りの「好き」を書いていきたいと思います。
 

やや田舎ではありながらも生活は十分便利

 
 
防府市は県庁所在地の山口市やコンビナートで有名な周南市に隣接しています。ですので昔から「ベッドタウン」だとよく耳にしました。でもそのおかげで山や海の恵み、田畑や森林も多くありながらも十分便利な生活を送れていると思います。
 
 
夏になれば近所の水田に住むカエルの合唱でなかなか風情があります。イオンもあり、映画館もあり、書店もあり食事処もチェーン店を中心にたくさんあります。図書館もありますし、文化福祉会館で生涯学習に勤しむこともできます。
 
市の体育施設「ソルトアリーナ」(施設付近が昔塩田地帯で有名だったためだと思います。)で汗を流すことだってできます。
 
 

県内外へのアクセスも便利

 
港もありますし、防府は新幹線こそ停まりませんがJR山陽本線が通ってます。高速バスで福岡や広島、はては神戸や大阪までもゆけます。宇部空港も車なら1時間以内です、道路も立派に整備されています。
 
 
 
 

美味しい食べ物

 
 
便利なのもいいことですけど、食の魅力も紹介しますね。「今里」や「来来亭」もアツいですが、私はこちらを推します「どんどん」の『温玉とろろぶっかけ』の冷たい方。(今の季節は暖かい方だろうけど、冷たいぶっかけうどんが美味しくてオススメです。)夏場は休日のたびに食べに行ってます。セルフの方のお店が色々とカスタマイズ出来てステキです。
 
 
 
 
 
防府の中心街にある「やきとん益次郎 」もオススメです。焼き鳥もあるのですが、焼き豚の串です。食べ応えもあり、美味です。飲み物も充実してます。また行ってみたいな。
 
 
 
 
お土産としては『ういろう』がオススメというか私自身、子供の頃からの大好物なんです。水ようかんより、断然ういろうを推します。ぷるるんとした食感もクセになります。あと魚ロッケとかですかね〜。
 
 

温泉情報

 
防府市には「和の湯(やわらぎのゆ)」もございますが、「柚木慈生温泉(ゆのきじしょうおんせん)」のやたらとシュワシュワした泉質で自分の腰痛にも効くのかもなんてワクワクしながら浸かったのを覚えています。
 
 
 
写真は津和野に行った時に立ち寄った「願成就温泉」です。”美人の湯”とも言われているそうですよ。さあ、そこのあなたもレッツゴー!!
 
 

魅惑のクラブイベント

おなじみの人たちに会えるのも、新しい出会いにもワクワクしてた。毎月通ってました。とうとう自分から能動的には動かなかったけど、DJされている方々もホントにいい人ばかりで大好きでした、すごく良くしていただきました。

 防府ですと、Barの「印度洋」とか「Laughable」ですね。

さいごに

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございます。ここ数日、やまぐちのことをずっと考えてきました。夢の中でも考えてた。でもなかなか浮かばない。結局いいこと書きたいとずっと考えていたんですね(笑)すみません。

県央だけでなくやまぐちはいいとこですよ。今後もやまぐちの魅力をお伝えできればと思います。以上です。

やまぐちの魅力 Advent Calendar 2016」 はまだまだ続きます。これからも要チェックや!

 
 
 
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

フォローする

follow us in feedly
スポンサーリンク
広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。